二輪の記録と記憶 MT-07と共に

バイクの事とか気になった事を記憶(記録)していく…はずです(´・ω・`)

カテゴリ: バイク考察

今日は当番日とかなんとかで午前出勤に…
D杯出たかった(;ω;)

差し入れがレアなラム酒をかけるケーキ(爆
2時くらいからダメ人間化してましたが、夕方から思い立ってブレーキの清掃と揉み出し開始( ´Д`)y━・~~

なんか無性に徹底洗浄始め出すし、おかしなテンションのまま推し進めます。

洗剤入れたバケツ・ブラシ・耐熱ワックス・メタルラバー よし主役は揃った!

結果…
うん凄い汚かった(;ω;)
そこの方には汚泥と化したダストがいっぱいw

徹底的にメタルラバーで揉み出ししたので感動的なタッチになりましたƪ(˘⌣˘)ʃ

新品みたいw

D杯ではぽんぽこさんがC1に昇格したとの事!
おめでとうございます㊗️

C1のMT-07が増えることにψ(`∇´)ψ

癖はあるけど努力すれば達成できる。
ライダーが一番影響あるから頑張らねばΣ੧(❛□❛✿)

昨日の夜はmixiのプチMT集会
サス開発する人は凄いですね。
ノーマル改造で吊るしのアフターサス超えた感動的な動きでしたΣ੧(❛□❛✿)

そしてそれぞれが個性豊かなカスタマイズ・考え方なので勉強になりますね。

個人的にツボったのはトリッカーの気軽さww
ああ…こんなの一台欲しいw




色々思うところがあってリアハンドブレーキをドナドナする事になりました。

外して行きましょう(・ω・`)
次の人に可愛がってもらうんだよ(;ω;)

困った事は純正リアマスターのリザーブタンク!
元々付いてた場所には…

( ´Д`)y━・~~

まぁナントカしないといけないんですよな・・

いつもの事ですが、付かないんじゃなく付けるんです!!!(•̀ω•́)b

候補的にはサイドカバーの真後ろ!
スイングアームの直線上に無ければ問題ないはず。

即実行がモットーです(・ω・`)
サイドカバー後部に穴開け&ヘリサート!
タップ切りでも良かったんですが、ベースがアルミで薄いので無理と判断・ヘリサートで補強となりました。
M6ボルトでガッチリ止められます。

適当なL時アルミステー見つけたので丁度良く付きそうです。

ホースは純正の物を合うようにカット!
ウケケケケケψ(`∇´)ψ

金なんて掛けないぜ!

こんなんなりました(◜﹏◝)

思った通りになって満足(^ω^)

エア抜きですが…
楽にするためにキャリパーのブリードボルトにシールテープ巻いて漏れを防ぐ処置をしてから。

1.耐油ホースと注射器に空気を入れない様にブレーキフルードを満たしてブリードボルトに取り付け。
2.リザーブタンクの蓋を外しておく。
3.ブリードボルト緩めた状態で空気が入らない様に注射器で注入。
4.リザーブタンクにある程度貯まるまで入れる。
5.今度は注射器で引きながらブレーキペダルをゆっくり上下させる。
6.一旦やめてホース・マスターを軽く叩く振動させて放置。
7.リザーブタンクの中身が少なくなるまで注射器で引く。
8.ブリードボルト締めてリザーブタンクにフルード満たす。
9.普通にエア抜き作業数回

終わり(◜﹏◝)

全部で10分くらい(慣れ過ぎ)

実走してからもう一回エア抜きしたら完璧に抜け切るでしょ(^ω^)



中古の上物と言え…ステンの焼け具合はリセットしちゃいたい(;´д`)
音は上質ですが、音質変えずにほんの少しでも下げたい…

まぁやってみましょう٩( ᐛ )و

まずはステンレスマフラーの焼け落としで楽チンなのは
ステンマジック!
と金色の焼け色を持続させる為に耐熱ワックス!
焼きムラが出来たらステンマジックでリセットすれば良い話ψ(`∇´)ψ

付けながら擦るのも面倒なので一旦外して行う事とします。

ステンマジックは化学反応で焼きを落とすので…
均一に塗り広げて放置!
5分後位から拭きあげたウェスで焼きが強く残る部分を擦ります。
酸性なのでゴム手袋推奨です٩( ᐛ )و

途中の写真がないですが
新品みたいになります(*´∇`*)
組み付け前に耐熱ワックスを均一に塗り込みましたので、綺麗な金色になると思われます。

さてさてサイレンサーに着手
まずはインナーサイレンサーを抜き取ります。
自分は木の棒をちょいと細工して、後ろから叩き出しました。

出てきたインナーサイレンサーに…
ォィ(・ω・`)
ステンレスたわし(爆)

考えたんですけどね…
アクラポヴィッチの構造がとても良く出来ていて、グラスウールでは排気の流れを変えてしまいそうなのと、排気熱の一発目に当たりすぎるので耐久性にも難ありだと思ったのです。

アクラポヴィッチ インナーサイレンサー外した所
この状態だと直管ですw
しかし奥の二つ穴の手前をみて下さい。
四角い穴が四箇所空いてます。
入り口から
主な排気の流れです。
緑がインナーサイレンサー無し
赤がインナーサイレンサー有り

つまりインナーサイレンサーは、ただ出口を絞るだけでなくナンチャッテ隔壁を作り出してるのです(・ω・`)
これ凄い構造ですよ…精度に自信があるのとユーロ圏だと車検対応にも出来る位に音が下げられるって事。

て事で!排気の流れを乱し易くて周りのグラスウールとかにも流てくれそうなステンレスたわし君を選んでみました。

インストール後
赤の様にステンレスたわしの部分で少しでも拡散起これば良いなぁと期待を込めました(・ω・`)

取付後
くっ暗いwww
綺麗な事は良いことだ٩( ᐛ )و

実際の音量は?
低音はしっかり出てますが、キモーチ音量は減った?
どちらかと言うと排気熱上がってきた時に音量アップしがちなのを低音時の音量をキープする為にやってる感じかなぁ(・ω・`)

実際の乗り味の変化は今度…
エキパイ擦るので疲れちゃった(*´∇`*)




穴が再発したエアクリBOXの本格修理(*´Д`*)
プラリペアは初めてだったが…
手しか入らないBOX内は指の感覚で全周塞ぐことに成功(*^◯^*)
見た目はアレだが…w
途中から綺麗に付ける方法知ったから仕方ない(◜﹏◝)
右下によく見ると綺麗に肉盛りした部分が見えます。
別体式タンクに向かうホース部分です。
ホース部分の逃げも作りました。
こちらの白く見える部分はガラスクロステープを含んで補強したところ!
コレで完全に塞ぐことが出来て、フルストロークでも当たらなくなると思います。

ドレッシング用容器を使ってるので耐油性も期待できそう(◜﹏◝)

リンクグリスアップしてからガンガン組んで〜
ウン!綺麗に収まってる。
ホースの逃げも機能しそう。
暫く持ってくれると良いなぁ(*´Д`*)

フロントフォークの秘密兵器も届いたし、時間が出来たら組む予定!

昨日mixi仲間のyellowracingさんの車両に乗らせてもらいました。
話し込んで写真すら撮影してないけどw

仕様は基本ノーマル。
じゃ何で乗らせて貰ったのか?
リアサスのバネとスラストベアリングを付けた仕様だったのです。
バネはアイバッハの115N/mm 自由長157mm位の。
スラストベアリングはベアリング3mm厚とスラストワッシャーが1mm厚×2
カラーを作って純正と同じプリロードを掛けた状態。

これがまた驚いたのなんの(◜﹏◝)
圏央厚木PA〜高尾山IC〜近くのコンビニまでの走行でしたが、ノーマルとは明らかに違います。

違う点
・初期のフリクションを全く感じない
・115N/mmと硬くなってるはずなのに柔らかくさえ感じる
・アイバッハのバネらしくどこまで持つのかレート通りに仕事してくれる
・ピッチが大きくなってる
・段差のいなしかたが別物

バネとスラストベアリングだけで全然違う乗り物に( ꒪⌓꒪)
高速道路はどこまでもベタッとしてて、振動は無く段差の初期突き上げがマイルドに。
ピッチが大きくなってスラロームとかは反動が大きいですが、市街地・高速共に凄く楽(*^◯^*)

ロングツーリングをする人や普段高速多く使う方は、この仕様乗ってもらいたい( ^∀^)

次はダンパーも構想が固まったらしく、完成したら乗り比べようと話しました。

超楽しみでなりません!
自分もサスのレベルアップに意欲が湧いてきました。


まぁ…同じ日に自分の車両はトラブル。
高速のトンネルで吸気音がレーシーだなぁと思ったら
大気開放されてるwww

熱によってテープ接着面と接着剤が弱っていたようです(◜﹏◝)

まぁこんなアルミテープだけで半年以上も良く持ったと思います(*^◯^*)

近いうちに穴開くだろなって思ってたので、これを機に完全修復といきましょう。

まずはエアクリBOXにアプローチできる様にバラバラに

穴の部分
良く飛ばなかったなぁ(◜﹏◝)
めくれ上がってますね。

ただ直すのも癪なので、思いっきりクリアに(爆
100均でドレッシング用の手頃なの見つけたので、穴を整えてぶっ刺します!ww
ドヤァψ(`∇´)ψ

エアクリーナーを入れて突っ込める量を有る程度確保したらマーク。
ドレメルリューターは本当に便利。
切って・形取って・バリとって・接着表面荒らす、これを5分でこなせる( •̀ω•́)
ハイできた!
エアクリーナーボックスの微妙な形も再現し…


コレは上出来な修理になる予感。
後はプラリペアとガラスクロスで補強して完成予定。
もちろんクリアの補修(爆)

クリアランスは?
最大限ストロークした場合より全然余裕(*^◯^*)

仕上げは昼にやりたいな(*´Д`*)


このページのトップヘ