二輪の記録と記憶

バイクの事とか気になった事を記憶(記録)していく…はずです(´・ω・`)

本製品が完成するまで試作品を取り付けて走ってました(*゚ー゚)

綺麗な赤アルマイトがやっと出来た!
と、言う事で取り付け&撮影会してきました(*´Д`*)
IMG_0726a

オオオォォ!(`・ω・´)

比較品
白アルマイト!
IMG_0732a

黒(艶無し)
IMG_0728a

黒(艶あり)
IMG_0735a

雨が降ったり晴れ間がでたりと・・均一写真が撮れなかったのが残念ですが
比較になると思います。

拡大写真!
IMG_0726bIMG_0732b
IMG_0728bIMG_0735b



お金をお支払いして無事 赤アルマイトを装着!
綺麗な赤に仕上がってましたので大満足です(*´Д`*)
 
赤アルマイトは、正確管理されるアルマイト処理加工会社にお願いしたとの事 9000円ヽ(´ー`)ノ
白・黒 はアルマイト過程が少し違うのでお安くして貰いまして 7000円になりました。

シフトリンク周辺にシフトパターン表示がされてないと基本的に車検通りません!
知られてない事なのですが重要です! 検査員によって通るかどうからしいですよ( ;・`д・´)
社外品で刻印がある物はほとんど無いのです(´・ω・`) 
あおとらさん製のこのカバーは車検でも全く問題ない様にシフトパターン刻印されてますよ!
 
販売は LAオート http://sames505.cart.fc2.com/  &ヤフオク でされてます。

リンクもありますのでそちらからもどうぞ(*´Д`*) 











DSC00135

試作品のアルミむき出しはこれはこれで好きでした。(´ω`)



 

今度マフラーを変えるにあたり、純正よりストレート構造かつ消音材量低下=音量アップなのです。
しかも触媒らしき物も無いので、排気抵抗が更に少なくなります。(音量アップ&低速トルク減少)

実際は付けてみないと分からないのですが、触媒無し( ;´Д`)
コレは現在のバイク環境的によろしく無いのです。
個人的見解もありますが、勿論無くても車検以外では気付かれないし、知らない人からは気にもされないでしょう。
自己満足ですww

あまり知られていない後付けキャタライザー本体

サイレンサー手前に差し込むだけのタイプです。

光を透かして見ると

実は結構スカスカですよ。
コレは300セルと言う細かさです。
車でスポーツ触媒と言われている物は150セルが主流です。
セル数が少ないほどスカスカですw

実際の原理

レアメタルで排気ガスを化学変化させてクリーンにするですよ( ´ ▽ ` )
バイクの触媒には、以前から使われてるセラミックによる排気抵抗の強い触媒ではなく、こちらの排気抵抗の少ないメタル触媒を使い出してます。
しかし、メタル触媒が効果を発揮するのはある程度の温度が必要になります。
なので、暖気中は生臭い匂いがします。( ;´Д`)

直管だと抜け過ぎ!臭い!という人はお勧めの一品になります。(*^◯^*)

入れた時の効能
1.排気クリーン (暖気以外)
2.低速トルク回復 (排気抵抗↑)
3.音量ほんの少しだけダウン
4.少しだけ低音寄りになる

エンドバッフルと違い、パスパス音は原理的に鳴りませんよ(*^◯^*)

形状やセル数も様々取り扱いしているのは


主にオフロード系を取り扱うお店です。
気になった方は見てみては?


早くマフラー来ないかな…(´・_・`)


折角燃調触れるようになったから、排気系に手をつけようと思い調べてみた∑(゚Д゚)

自分が求める性能を考えてみる…

1.音量デカすぎない
2.低回転を犠牲にしない
3.転倒しても傷付きにくい
4.軽い
5.安い方が…w

ざっと出すとこんな感じ。
3が今までのバイクで無かったからノーマルを使ってきた。

しかし!MT-07には選択肢が有るのですよ!
当初より考えてた
アクラポビッチ レーシングライン チタン

今は焼き付けロゴではなくシールです( ̄◇ ̄;)

焼き付けなら確実選んでた!w

調べていくと輸入されていなかっただけで色々ある模様。
ショート管も有れば、低速寄りのロング管まで様々。
ちょっと異質?だけど中々興味をそそられるメーカーが 
レオヴィンチ  SBK underbody
15%オフセール品発見w
個人輸入になるから関税+送料込みでも10万切りました∑(゚Д゚)
アクラポビッチは国内で頼めますが、最低11万でe1規格音量にするには専用キャタライザー1.3万が必要になります(゚o゚;;
フルエキでショート管、e3規格の音量、
バッフル付き!しかも中間バッフルまで付いてくる( ̄◇ ̄;)
動画も有りましたが全て外すと超爆音ww
バッフル付けて90dB以下!素敵です。
弁当箱仕様ですが触媒らしき物と、箱の中身はストレート構造みたい?( ´ ▽ ` )
304ステンレスだけど軽く作ってあるのも魅力。
何より付けてる人が日本には少ないでしょう。(*^◯^*)
アクラポビッチよりチョイ高音より。
最近輸入してるところも有るみたいですが納期が様々…
輸入代行業者とポチポチッとしてメールやり取りしたら納期は3週間後との事(´Д` )
まぁ人柱がてら付けてみましょう…

ヨーロッパではかなり有名なメーカーで性能的にも期待が持てます。(一時倒産したとかしないとか?w)
気長に待ちましょう(*^◯^*)

構造は、、

中間バッフルについては表記が無いけど付いてくるっぽい。
ヨーロッパの車検で保険的役割らしいから、どうせ付けないけど(´・Д・)
ノーマル外したら付け替え?だけシンプルイズベスト!


先日取り付けたRAPID BIKE EAZY です。
隠れて見えないので写真はありません(´・ω・`)


考察

そもそもラビットバイクイージーとは?
サブコンではなくO2センサーの信号を変換する装置になりますね。
吸排気ノーマル~~排気アフター交換まで対応とのことです。

良いところ!
・O2センサーのカプラーに割り込むだけ!
・設定するツマミが2個だけ!
・一回設定したらよっぽどの事が無い限りほったらかし!
・省スペースでの設置が可能!
・サブコン導入より安い!

微妙なところ
・装置のみためがw
・車種によってはO2センサーのカプラーまでの分解が多いかも?
・実際の数値とかは分かんない
・マフラーからの音量アップ?してるかも
・説明書が大雑把


悪いところ
・細かく設定などできない
・メーカー対応が期待できない
・壊れた時は捨てる時w

 

ざっとこんなものです。
細かい設定がやりたいならパワーコマンダーを素直にどうぞ!

自分は車で散々サブコンいじってきたので、終わりの無い作業はコリゴリです(´・ω・`)
幸いMT-07は取り付けがとても簡単な部類になります!
前後シート(バッテリー上に設置なら前シートのみ) と 右フレームカバー だけ!
右フレームカバーは左と違って外すのにコツがありますが、慣れた人なら30分もあれば終わるでしょう。

吸排気ノーマルでのインプレになります。
大体の状況をやってみたので、参考になればと思います。

1、低回転~高回転のトルク感アップ
2、極低回転でのギクシャク感が緩和される
3、中回転~レヴ付近のトルクの谷の解消
4、エンジンブレーキ若干の緩和
5、6速2000回転以下での粘り強さがでる。
6、不意なエンストが起き辛い

低回転の粘り強さは良いですね! ズボラ運転OK 巡航が楽になります。
燃費に関しては乗り方次第なので何とも言えませんが、一段上のギアが使えるのは良い事です。

スロットル開度によって燃調が変わる感じを受けましたので、常に濃い状態ではないと思われます。
センサーが信号拾わないと変わらないと思うので、温まらないと作動してない感じもありました。
これだけ簡易的な装置で結構痒い所に手が届いてるのでアリな商品だと感じます。(個人的見解)

メーカー対応に関して・・・・説明書に付随した内容ですね 必見です (`Д´)<買ったら是非見てみよう

実際のセッティング?については 
YAMAHA all Model SETTING 6  FUEL RATIO +2
排気イジッたのは   SETTING 5  FUEL RATIO +3
低回転でカブる(スロットルのつきが悪い)時はFUEL RATIO 1減らす   
以上!!

今のところ通常セッティングで何にも問題ありませんよっと(*´Д`*)
 

暗いし雨なのに作業するです。

パパパッと、本体はリアシート下へ…


右のサイドカバー外したところに、O2センサーのカプラーが有るので、間に割り込みます。


そこまでは良かったけど、
リアシート下がカオスww
ETCユニット、スピードヒーラー、バッテリー充電用コネクタ、ラビットバイクイージー…
知恵の輪!!( ̄◇ ̄;)
何とかしちゃいましたw

動作確認もOK!
キーONで緑ランプ点灯→暖気→O2センサー暖気終了でランプ点滅!!

ガレージ内でやったから排気ガス臭い(´Д` )

実走は雨のため後日…

このページのトップヘ